ブルーアンブレラ

東京ヤクルトスワローズ なんJまとめブログ


    雄平

    1: 名無しさん 2019/08/10(土) 12:48:52.67 ID:Nwb0PexRa

    歌手の氷川きよし(41)が8日、東京・神宮球場で行われたヤクルト-阪神戦で始球式を務めた。
    氷川は紺のショートパンツとデビュー20周年にちなんだ背番号「20」のユニホームで登場。
    新曲「大丈夫」を歌唱した後、始球式に臨み、ボールは高く浮いたものの、ノーバウンドで見事にキャッチャーまで届いた。

    氷川は「新曲歌うのに緊張しました。スタンドのどこ見たらいいか、分からなかったです。始球式の方が楽しかったです」と振り返った。
    氷川の公式戦での始球式は通算6度目。
    ヤクルト戦では4年連続4度目となるだけに、自身の採点も前年の「41点」から「99点」に大幅アップした。

    氷川は「まっすぐキャッチャーの方に届いた。残る1点はもう少し速いスピードを出せたら。キャッチャーの方が受けきれない球を投げたいですね」と思いを口にした。
    7回のヤクルトの攻撃前には、氷川は神宮名物の「東京音頭」を歌唱。
    さらに球場を盛り上げた。
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000147-dal-ent


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1565408932/

    【氷川きよし(41歳独身)←なぜなのか 】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/22(土) 08:22:41.29 ID:ujAcb6+/ 
      東北高等学校時代は、高校時代はナンバー1左腕として、メジャーリーグのスカウトからも注目された。  
      高校時代の監督には、「投げて後藤伸也以上、打って嶋重宣以上」とプロ入りした先輩2人と比べて潜在能力の高さを評された。  
      ドラフトでは1巡目で近鉄とヤクルトが競合する。当初巨人の入団を希望していたがその高い評価、さらには同じ在京セリーグであることからヤクルト入団を決意した。  
      高卒1年目で二桁奪三振を記録。過去には鈴木啓示、江夏豊、桑田真澄、松坂大輔、田中将大など数える程しかいない。  
      プロ入り7年目に投手から野手に転向。  
      2011年二軍では、規定打席に到達した打者ではトップの打率.330をマーク(首位打者は、規定打席に到達しなかったものの、首位打者の例外規定により楽天の銀次が獲得)。  
      投手時代は左腕最速154キロをマークする速球派投手だった。  
      父親は中学校の、母親は小学校の教師をしている。タレントのベッキーとは同じ小学校、中学校で高井は1学年下にあたる。  
      高井のヤクルト入団決定時にはベッキーから直筆サイン色紙が贈られている。  
      2006年の契約更改交渉の席では球団から野球教本を渡されるという屈辱を味わう。教本は『ピッチングトッププレイヤーの技術』(見本になっているプロ選手には、東北高の2年後輩のダルビッシュ有も掲載されていた)  

      すぐマネしたいピッチングトッププレイヤーの技術 (SEIBIDO MOOK―Ballpark)
       
     
       【雄平の経歴すげー面白いなwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ