ブルーアンブレラ

東京ヤクルトスワローズ なんJまとめブログ


    小川淳司

    1: 名無しさん 2019/08/20(火) 15:10:33.80 ID:ZsjJvj/Rp

    ―― 現時点での先発候補はどう考えていますか。

    「小川、ブキャナン、原樹理。あと新外国人のスアレスは先発で考えていて、高梨、寺原……それに高橋奎二、星、石川雅規に、あと誰だ(笑)。これで9人じゃないですか。去年はこんなに数えられなかったですからね。今年は6人+1人で考えています」


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566281433/

    【ヤクルト小川監督、投手陣についてニヤリ。 「先発候補は9人もいる」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/08/10(土) 00:46:13.66 ID:X0X6Fvjd0

    ヤクルトが最大7点リードを守れずサヨナラ負け。借金21となった。

    初回にバレンティンの3ランで先制すると、五回表まで8-1とリード。だが、巨人の一発攻勢で差を詰められ、4点リードの八回にはハフがゲレーロにソロを、近藤が岡本に3ランを浴び、同点に追いつかれた。

    そして、延長十回から登板したマクガフが、1死満塁から代打・亀井に決勝の左犠飛を許した。

    「流れがああいう風になってしまった。こういう試合に負けるとかなり痛いし、負けているようではダメですね」と小川淳司監督。終始厳しい表情で、言葉を絞り出した。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1565365573/

    【【死体】ヤクルト小川監督「負けているようではダメですね」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/01(月) 06:57:57.66 ID:4/FEnFyv0

    ヤクルトが逆転負けで3連敗。借金は今季ワーストの18となった。

    【写真】山田哲が1000安打達成 しかし試合には…

    初回に村上の内野安打で先制。逆転を許した四回は広岡の右越えソロで同点とした。七回には代打・雄平の右前適時打で勝ち越し。
    しかし、救援陣が踏ん張れず、八回に近藤が同点とされると、九回は守護神・石山が坂本勇に決勝の適時二塁打を浴びた。

    打線は15安打を放ちながら、残塁の山。3度試みた送りバントも、すべて失敗に終わった。

    守備では四回に村上がフライを落球する適時失策。八回にも村上がバント処理を誤って内野安打となり、直後の失点につながった。

    また、七回の攻撃では1点を勝ち越した直後、救援登板していたマクガフをそのまま打席に送ろうとしたが、いったん代打・荒木をコールしたために審判に認められず。マクガフは八回に続投できなかった。

    小川淳司監督は「ヒットの割に点が取れなかった。あと一本と、バントだったり犠牲フライだったりが(できないのが)結果としてこうなっている」と拙攻に渋い顔。
    「ミス続きで失点している。こういう試合をしているようではダメ。勝てる試合も勝てなくなる」と、連日の拙守にも苦言を呈した。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1561931877/

    【ヤクルト3連敗で借金18 拙攻拙守に小川監督「こういう試合をしているようではダメ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/24(金) 11:13:26.62 ID:WgASmLSh0

    「ヤクルト7-7阪神」(8日、神宮球場)

    闘志に火がつくきっかけとなったのが、六回に青木が阪神・岩田から2年連続で受けた頭部死球。
    両軍ベンチから選手と首脳陣が飛び出し、一触即発のムードが漂った。
    昨年青木は同じ阪神の岩貞からも頭部死球を受けて脳振とうで離脱した経緯があるだけに、小川淳司監督は「しょうがないでは済まされない。頭だから」と怒りをにじませた。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1558664006/

    【ヤクルト・小川監督が激怒 青木の頭部死球「しょうがないでは済まされない」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/16(木) 00:28:34.81 ID:pxS5vA/Cd

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000174-dal-base
    ヤクルトは最大5点のリードを追いつかれ、延長十回サヨナラ負け。悪夢の結末に、小川淳司監督も「特にコメントはないです」と切り出すしかなかった。

     14年から10連敗中だった大瀬良から六回までに4得点。リードを奪って降板に追い込み、天敵に初黒星をつけたはずだった。ところが、九回に登板した抑えの梅野が誤算。4安打と2四球に太田の失策も絡んで一気に同点に追いつかれると、最後は十回に8番手の中尾が鈴木にサヨナラ弾を浴びた。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557934114/

    【【悲報】ヤクルト小川監督「特にコメントはないです」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/09(木) 15:53:54.86 ID:SP8XNqnQ0

    5/9(木)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00010000-wordleafs-base

    冷静な小川監督が会見で内に秘めた怒りを爆発


    冷静な小川監督が内に秘めた怒りをぶちまけた。
    神宮のクラブハウスでの囲み取材。青木の死球に話が及ぶとスイッチが入った。

    「岩田には去年も(青木が)脳震盪を起こされている。しょうがないでは済まされない。頭だから」

    6回二死、カウント2-0から岩田の投じた1球が青木の頭部を直撃した。ヘルメットは吹き飛び、青木はバッターボックス内でもんどり打って倒れた。
    岩田は「しまった!」と口を丸くして帽子を脱いだ。頭を抱えて寝転がった青木は、むくっと起き上がると血相を変えて岩田をにらみつけた。

    スタッフ、石井打撃コーチが背中の土を払いながら止めたが、何やら叫びながら、マウンドへ歩み寄ろうとした。小川監督らヤクルトベンチから人が飛び出すと
    阪神ベンチからも人が走り出て、やがて両軍のブルペンからも全選手が駆けつけて一触即発、乱闘寸前の輪がホームベース上付近で広がった。
    青木と小川監督が怒るのも無理はない。

    昨年8月19日の阪神戦でも青木は岩田に頭部へ危険球をぶつけられた。岩田だけではない。
    青木は昨年7月1日には岩貞からも頭部に当てられ、岩貞はわずか7球で危険球退場。今年の開幕カードでも青木は尾仲に右膝へボールをぶつけられている。

    昨年から続いている一連の伏線があり、青木は鬼の形相で詰め寄り、小川監督も「しょうがないでは済まされない」と激怒したのだ。
    岩田が退場となった時点で審判は警告試合を宣言した。報復行為を避けるための処置で、意図的な危険行為が見られたとき、審判は退場を宣告できることになっている。

    チームリーダーの青木を狙われた怒りがヤクルトを一丸にした。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557384834/

    【【悲報】冷静なヤクルト小川監督が青木の死球で激怒 会見で内に秘めた怒りを爆発 】の続きを読む

    このページのトップヘ