ブルーアンブレラ

東京ヤクルトスワローズ なんJまとめブログ


    畠山和洋

    1: 風吹けば名無し 2013/12/05 18:47:12 ID:rXiiDIwD

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20131205/swa13120518390004-n1.html

     今季打撃不振に苦しんだ畠山が5日、契約更改交渉に臨み、2100万円ダウンの年俸6400万円で更改した。
    打撃フォームの改造で生じた狂いから調子を落とし、自慢の長打も影を潜めた。プロ野球記録を塗り替えた
    バレンティンの後ろの「5番」を任されることで独特の重圧にも苦しみ、「沢山の応援してくれる方の声より、
    100人のヤジが聞こえてしまうような心理状態だった。とにかくキツかった」と振り返る。今秋に故障した
    左脇腹肉離れと左手有鉤骨骨折も完治し来年1月から本格始動予定。「もうレギュラーじゃないと思っているので信頼を取り戻したい」と誓った。


    引用元: 畠山「100人のヤジが聞こえるような心理状態だった

    【畠山「100人のヤジが聞こえるような心理状態だった】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/04/20(金) 08:06:43.24 ID:9Rk10NZy 
       ◆阪神4―3ヤクルト(19日・甲子園)  
       あまりにもさみしい、4番・畠山だ。1点を追う8回1死三塁で、左腕・榎田の内角球にドン詰まりの一ゴロ。  
      うつむいてベンチへ戻る姿が、自信のなさを象徴した。「今日は何もない。チームに申し訳ない」。3  
      度の得点圏で凡退し、22打席連続無安打。打率1割5分5厘、得点圏打率は、開幕から16試合で0行進が続いている。  
       大きく構え、足を高く上げてから豪快にフルスイング。内角攻めにも苦しみ、持ち味とする独特の打撃フォームに迷いが生まれた。  
      昨季リーグ3位の85打点をマークした勝負強さは、影を潜めたままだ。  
      「ツイてない部分もある。芯でも(野手の)正面にいく。どうしていいかわからない」  
       小川監督は「自信がない感じで打席に入っている。薬になるのはヒット1本」。  
      伊勢総合コーチも「自信をなくしとる。厳しいなあ」と頭を抱えた。それでも首脳陣は我慢して起用を続ける方針だ。  
      昨季の活躍は1年限りの“まぐれ”だったのか。4番打者として、野球選手としての真価が、問われるシーズンになる。  
       
      http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20120419-OHT1T00278.htm  
     
       【畠山、22打席無安打!得点圏打率0割…ヤクルト】の続きを読む

    このページのトップヘ